男の魅力UP

口臭は気になる体臭No.1?ニオイのチェック方法と対策

昨今身だしなみに気を遣う男性が、急激に増えてきているのをご存知でしょうか?

第一印象は見た目の印象でほぼ決められてしまうので、身だしなみを普段から整えておくことが大切なのです。

しかし本当に身だしなみだけ整えておけば、何も問題がないと言えるのでしょうか。
見た目ももちろん大切なのですが、体臭も気を付けなければいけません。

特に会話時にどうしても気になってしまうのが、『口臭』です。

第一印象で「くさい」と思われてしまえば、この先ずっと『くさい人』としてのレッテルを貼られてしまうのです。

今すぐ原因を突き止め、対策を練る必要があると言えるでしょう。

まずは自分に口臭があるかどうか、チェックをすることから始めてみませんか?

口臭の原因を探るセルフチェック

体臭の中でも特に自分でも気付き難いものが、口臭と言っても過言ではありません。

自分で気付き難いからこそ、他人から指摘されてしまった際には、相当なダメージを受けてしまうことでしょう。

なので他人から指摘される前に、口臭があるのかないのかをまずは確認してみましょう。

チェックの仕方はとても簡単で、ビニール袋やコップを用意し、息を吐き出して空気を閉じ込めてニオイを確認してみましょう。

マスクを装着して息を吐き出す方法でも、ニオイを確認することが出来ます。

自分の体から出る体臭ですから、ピンとこない場合もあるかもしれませんが、以下の症状に思い当たる場合は注意が必要です。

口の中がべたつくことが原因の場合

喉が渇いてきたときに、口の中にべたつきを感じる場合は口腔細菌が多い証拠です。

水分で口の中を潤したり、アメやガムなどを食べたりして意識的に唾液を出すようにしましょう。

胃腸に疾患があることが原因の場合

胃腸に何かしらの疾患を持っていると、卵が腐ったようなニオイのゲップが出やすくなると言われています。

ニオイの強いゲップが出る場合は、要注意です。

虫歯があることが原因の場合

歯垢や歯石などが分解される際に発生する酸は歯を溶かし、虫歯を作っていきます。

この酸のニオイや、食べカスなどの分解臭がニオイの原因となります。

歯周病の疑いがあることが原因の場合

歯周病菌のニオイの元となる『メチルメルカプタン』が原因で、悪臭を発することも。

歯茎から血が出ることがある方は、口臭があると思ってケアをしていきましょう。

タバコやコーヒーが好きなことが原因の場合

毎日タバコを吸い、コーヒーを飲んでいる方や、香りの強い食べ物を好んで食べる方は口臭が気になりやすいです。

どうしても控えることが出来ないのであれば、歯磨きを怠らないように心掛けてみてください。

口臭のニオイの元となる原因とは

セルフチェックで自分に口臭があるかないかの確認が済んだのなら、今度はニオイの元となる原因を考えてみましょう。

セルフチェックで様々な症状をご紹介していきましたが、このニオイの元となるほとんどの口臭の原因が、口の中に棲みついている『バクテリア』なのです。

バクテリアは口の中の常在菌として知られていますが、よく歯磨きをする人の口の中に1,000~2,000億個、あまり歯磨きをしない人は4,000~6,000億個、ほとんど歯磨きをしない人は1兆個の数のバクテリアが常在していると言われています。

ニオイの原因を元から断ち切りたいと思ってしまうかもしれませんが、バクテリアは私たち人間が生きていく上で、欠かすことの出来ない役割を担っているのです。

しかしその役割の副産物として、発生してしまうのが『揮発性硫化化合物』というガスです。

メチルメルカプタン、硫化水素、ジメチルサルファイドなどから構成されるこのガスは、他人に不快感を与える口臭(体臭)となってしまうのですから、手に負えないのも当然ですよね。

ニオイを元から断ち切ることは出来なくても、バクテリアの数を抑えることこそが、口臭対策のポイントとなってくるのです。

今日から出来る口臭対策

口臭のセルフチェックやニオイの元となる原因を知ることが出来たのであれば、次にするべきことは口臭の対策ですよね。

今日からすぐに始められる口臭対策を、ご紹介していきたいと思います。

唾液の量を増やした口臭対策

口臭を生み出すバクテリアは、乾燥して酸素の少ない環境を好みます。

バクテリアの増殖を抑えてくれる強い味方なのが、『唾液』の存在なのです。

分泌されたばかりの唾液には多くの酸素が含まれているので、沢山水を飲むことや、アメやガムなので唾液の分泌を増やすことこそが、口臭を抑えることにも繋がるのです。

しかしいくらバクテリアが酸素を嫌うからといって、口を大きく開けて酸素を吸い込むのは大きな間違いです。

口を通過する空気から酸素は供給されません。

空気を取り込めばその分、口の中は乾燥しバクテリアは増殖してしまうので、気をつけましょう。

食後の歯磨きを怠らない口臭対策

仕事が忙しい方などによく見られるのが、『お昼に歯を磨かない』ということです。

この食後の歯磨きを意識するだけで、口臭をグッと抑えることが可能となるのです。

会社で働いているのであれば、人と会話をしなくてはいけない場面も沢山あると思います。

何かを口にした後はしっかりと歯磨きをして、常に口腔内を清潔に保ちましょう。

食生活に気を遣う口臭対策

ニオイの強い食べ物には、栄養価が高いものが多いですが、体臭や口臭を気にされているのなら、少し控えてみてはいかがでしょうか。

そして野菜を多く摂取することにより、腸内環境も整い身体の内側から発するニオイも抑えることが出来ます。

コーヒーやアルコールのニオイは一時的なものではありますが、ニオイが留まりやすいので、口臭が気になるようであれば控えることをお勧めします。

自分の体臭に合ったアプローチを

口臭のセルフチェックをした際に、一つでも心当たりのある症状があったのなら、その原因に対してアプローチすることが大切です。

虫歯や歯周病があるのなら歯医者に行き、胃腸の調子が悪い場合は専門家の診断を受ける必要があります。

口の中がネバネバしたり乾燥したりしているのであれば、唾液の分泌を促し、デンタルケアに力を入れてみるのも良いでしょう。

口臭などの体臭は、しっかりと対策をすれば改善が出来る症状です。

諦めずに今日から出来ることから、まずは始めてみてはいかがでしょうか。