キャバ嬢の心理

キャバ嬢ってどんな心理で接客してるの?男性客の疑問を解明!

来店する男性客を楽しませ、癒し和ませてくれるキャバクラ。

華やかなキャバ嬢は言うまでもなく、男性の憧れの存在であります!

お店に足を運ぶたびに、気持ちよく会話を盛り上げてくれるキャバ嬢を見ていると、「自分も頑張れば恋愛対象としてみてもらえるのでは?」という気持ちにまでさせてくれます。

しかし実際のところは…?

キャバ嬢は客のことを恋愛対象として見ているのか、はたまた金にしか見えていないのか…。

男性客の気になるキャバ嬢の心理を、徹底解明していきたいと思います!

キャバ嬢が働いているときの心理とは

男心を熟知しきったキャバ嬢に、恋愛対象として見てもらうということは至難の業でもありますよね!

しかし男である以上、キャバ嬢から好意を寄せてもらえたら…と淡い期待は抱いてしまうもの。

キャバ嬢に恋愛対象として見てもらうためにも、キャバ嬢がどんな心理で接客しているのか知る必要があると思いませんか?

キャバ嬢は男性客のことを、どんな風に思いながら働いているのでしょうか?

キャバ嬢は客のことをお金と思っている

一番キャバ嬢に多い心理として、男性客のことをお金と思って接客しているということです。

イロコイ営業が基本ですから、巧みに言葉を操り男性客を虜にするキャバ嬢。

座ってニコニコ笑顔を振りまいているだけで、お金を貰えると思われがちなキャバ嬢ですが、その精神的な疲労は相当なものです。

お金を稼ぐための割り切りとして、男性客と接していても不思議ではないですよね。

条件の良い職場を選んでいるだけという心理

昨今では福利厚生がしっかりしていないだけでなく、パワハラやセクハラなどの問題があるブラック企業も多く存在しています。

給料も良く、女性としてちやほやして貰える仕事は、女性であれば一度は経験してみたい仕事でもあるのです。

仕事として割り切っている部分があるので、しっかりと男性のことを楽しませてくれることでしょう!

条件の良い男性を見つけたいという心理

普通に昼間の仕事をしているだけでは、なかなか条件の良い男性に出会えないものです。

キャバクラに通う男性客の中には、企業の社長やお金を沢山持っている男性も多くいらっしゃいます。

婚活でもなかなかそのような条件の良い男性と出会うことが出来ないので、キャバクラでそのような男性を目当てに働いているキャバ嬢も居るのです!

結婚相手により良い相手を選びたいと思ってしまうのも、女性の自然の心理だと言えるのではないでしょうか?

キャバ嬢が男性客を恋愛対象として見る心理

ではキャバ嬢が男性客に恋愛感情を持つ場合は、どんな心理が働いているのでしょうか?

キャバ嬢が心理的に好意を持ちやすい、男性客の特徴をご紹介していきたいと思います。

キャバ嬢に気遣い出来る客は恋愛対象に見られやすい

男性客を癒し、喜んで貰うためにキャバ嬢は一生懸命盛り上げ役に徹して仕事をしています。

常に笑顔で男性客に接し、気持ちの良い会話で必死におもてなしの精神で接客をしているキャバ嬢の心理としては、本当だったら自分も同じように癒されたいと思っていることでしょう。

キャバクラに足を運ぶ男性には、気遣って気持ち良い気分にして貰えるのが当たり前と思い、キャバ嬢に傲慢な態度で接してくる客も多くいます。

このような男性客が多い中で、キャバ嬢に対して的確な気遣いが出来る男性は、キャバ嬢に恋愛対象として見て貰いやすいのです!

女性の心理として、やはり優しくしてくれる男性は好印象になりやすいですよね!

お金を使い過ぎずにキャバ嬢の恋愛対象になる

キャバクラと言えばお金を使えば使うほど、他の男性客と差をつけることが出来、特別な感情をキャバ嬢に抱いてもらいやすくなると思いがちですが、これは完全に逆効果です!

高級なお酒を入れたり、高価なプレゼントをあげたりするだけでは、女性のハートを掴むことは出来ないのです!

ましてや売り上げに貢献してくれるお金としか見てもらえず、上客止まりとなってしまうので、キャバ嬢に恋愛対象として見られたいのなら、注意が必要です。

貶して褒めるテクニックでキャバ嬢の心理をくすぐり恋愛対象になる

仕事上、キャバ嬢は普段から男性に褒められ慣れています。

外見はもちろん、内面も仕事として男性に優しくしているのであって、表面上の褒め言葉だと、キャバ嬢の心にはさほど響かないのです!

女性の心理として、承認欲求という他者から認められたい感情が強い傾向にあります。

毎回同じような言葉で褒められるよりも、新鮮で少し厳しめの言葉が混ざっている褒め言葉の方が、キャバ嬢の信用を得やすいと言えます。

しかし初対面でこの方法を利用すると、ただ単純にキャバ嬢に嫌われてしまうのでご注意を!

初対面のキャバ嬢であれば褒めることだけにし、何度かお店に通うようになったらお目当てのキャバ嬢には貶してから褒めるテクニックを実践してみましょう!